妊娠とは

仕組み・受精の確率や不妊治療での成功率

子供を授かるためには、様々な過程を経て妊娠する必要があります。どのようにして妊娠するのか、精子や卵子の仕組みや受精・着床などのメカニズムを理解していないと不妊治療は始まりません。
また、治療を始める前に、妊娠できる割合についてもきちんと知っておくのも大切なことです。
治療を始める時期や自分にあった治療方針を決める参考にして下さい。


妊娠するまでの仕組み

卵子と排卵

女性の体内では、卵子の元となる細胞「卵胞」が排卵日に向けて数個から数十個が育てられています。このうち、たった一個だけが成熟して、毎月1回の周期で排卵されます。
排出された卵子は、およそ24時間の間腹腔から子宮の間にいます。この間に精子と受精が行わなければ次の月経で古くなって剥がれ落ちた子宮内膜と一緒に排出されます。
排卵日は次の月経が始まる14日前頃ですが、人によって排卵の周期は数日前後します。また、月経周期に乱れがある人なども多く、排卵日を特定するのは難しいのです。

精子のしくみ

精子は女性の体内に射精されてから、3日程度の間協力し合って卵子の元へ泳いで行きます。
中には7〜10日も元気に泳いでいる精子もいるといわれています。排卵予定日よりかなり前に行っているのに妊娠するケースがあるのはこのためです。

また、精子は自らの力で動くことのできる特別な細胞です。しかし最近は、運動機能が低下している場合や形が不完全でしっかりと泳ぐことができない精子も増えているようです。

受精と着床

卵子に到達した精子たちは、最後の難関である透明帯を破るためのお互いが協力して少しずつ溶かし受精を試みます。
始めに透明体を破った精子の頭部が卵子の中に入った瞬間、卵子の周りは他の静止画中へは入れなくなるように変化します。
こうして受精卵が誕生します。この段階では妊娠判定を行っても判定できません。
受精卵は卵管の中を分裂しながらゆっくり子宮へと移動して行き、成熟した受精卵は子宮内膜に着床します。

妊娠した?判定するには…

不妊治療市販薬などの妊娠判定は、尿の中に含まれるホルモン物質が一定以上の濃度で尿中に含まれているかで判断しています。
このhCGと呼ばれる物質は、受精卵が子宮内に着床して始めて分泌されるホルモンなので、受精卵が誕生した時点では妊娠検査を行っても陽性にはなりません。
妊娠検査薬を使って陽性反応をみる場合には、排卵予定日から考えて14日後くらいを目安に行います。しかし、排卵日は血液検査や超音波検査で調べないと正確わからないので一般的には生理が1週間ほど遅れたら使用するのがおすすめです。

どのくらいの割合でできるのか

一回の排卵で妊娠するのは…

不妊治療を特に行っていない自然妊娠の場合、月経と月経の間に起こる一回の排卵で妊娠する確立は15〜20%といわれています。
これは、一般不妊治療でタイミング指導を受けている場合でもほとんど同じ確立です。
そのため、排卵周期にあわせて回数を増やせば妊娠する可能性も高くなると思われがちです。
しかし、睾丸では約5日サイクルで精子が成熟しています。短期間の射精回数が多くなると、含まれる精子の数が少なかったり薄くなってしまいます。ですから、3〜5日に1回くらいのペースが一番良いようです。

不妊治療での妊娠率

日本には、事実婚などを含むと200万組ほどの子供を持たないカップルがいます。このうち、治療を受ける選択をするのは30〜50万組で、一般不妊治療を行い妊娠・出産が叶っているのは10万組程度の割合です。さらに高度生殖医療(体外受精)を受けた場合は、5万組中1万組程度が妊娠出産しています。
また、これらの割合は平均的なものです。同じ治療でも20代では1/2の割合で妊娠していても、40代では10%以下になるという、年齢的な要素が加わることを覚えておきましょう。

月経周期や生理の仕組み

月経について

月経が起こるメカニズムを子宮・卵巣で起こる周期的な変の仕組みに合わせてわかりやすく特集します。
 


精嚢腺・前立腺・陰茎・睾丸の働きと特徴

男性の体の仕組み

子供を作る為には絶対に必要な精子を作り送り出すための男性の身体の作りについて、器官の特徴や役割り等について特集します。
 


男女どちらの不妊症が多い?

不妊の原因

不妊の原因となる割合は男女に差があるの? 子供ができない要因となる過去の疾患や男女の粘液不適合等について特集します。


カウンセリング・病院選び・一般不妊治療と高度生殖治療

不妊治療の進め方

診断を受ける前から重要になってくるカウンセリングや勉強会の大切さ、治療の開始ともいえる検査や治療方法の種類や進め方等


卵巣・卵管・子宮の特徴と働き

女性の体の仕組み

女性の持つ子供を作るための生殖器の仕組みとはどうなっているのか? 特徴や不妊と関係のある疾患・状態等を含めて特集します。
 


排卵周期や卵子放出のメカニズム

排卵について

妊娠がおこるために毎月繰り返されている排卵の周期、卵巣周期の流れとしくみ、ホルモン物質とそれぞれの周期の関係等について特集します。


不妊の判断と治療のルール

不妊症の定義

子どもが欲しくてもできない不妊症とは、どんな状態のことなのか、あまり知られていない定義や海外と日本の違い、でき難いとわかった後の選択肢等について


今すぐできる不妊症の自己診断!

セルフチェック

子供を望んでいる夫婦が不妊について考えた時に参考となる妊娠に関連する症状や生活習慣の問題点などについてセルフチェック形式で説明。




copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.