女性の体の仕組み

卵巣・卵管・子宮の特徴と働き

女性の身体は、常にホルモン物質によってめまぐるしく身体環境を変化させているため、同じ状態でいることはほとんどありません。そんな変化に特に深いかかわりのあるのが生殖器官です。
女性の体内で、命を誕生させるための神秘的な身体の仕組みについてご紹介します。


卵巣

臓器の特徴

左右に分かれている卵管の下にある小さな卵のような形をしているのが卵巣です。
体内構造を示した絵などで見ると、子宮や卵管と内部が繋がっているようにも見えますが、じん帯という強力な紐で腹膜に固定されています。
そのため、卵巣から排卵される成熟した卵子は、いったん腹腔内に排出されてから卵管へ拾い上げられます。
卵巣の中では卵子が育っていても排出されない場合や卵子が成熟するまで育たないなどの問題が生じると不妊に繋がることがあります。

働き

卵巣の重要な機能は、卵子を育てて周期的に排卵することです。
また、排卵は脳からのホルモン物質の作用によって行われますが、脳に、排卵を促すホルモンを分泌させる指令を出しているのは卵巣から分泌される「卵胞ホルモン」というホルモン物質なんです。
そのため、卵巣腫瘍でホルモン機能に関係しているタイプができてしまうと、卵巣内でホルモン物質が正常に分泌されなくなったり卵子を育てられなくなる事もあります。

卵管

臓器の特徴

子宮の上部から左右に伸びている細い管で、先端部分がラッパ状になっているのが特徴です。
このラッパ状になっている部分は、排卵された卵子と腹腔内に泳ぎ出てきた精子をピックアップし、卵管膨大部へと拾い上げます。
卵管の内膜には繊毛上皮と呼ばれる毛の様な突起が沢山あります。卵子自体には運動能力がありませんから、この繊毛上皮の蠕動運動によって卵子は卵管膨大部へと移動することができるのです。

働き

この管の中では、精子と卵子が出会う場所「卵管膨大部」があり、ここで受精が行われます。また、卵管は受精卵が成長しながら子宮へと旅をする部分でもあります。
そのため、卵管に炎症が起きたり主要ができたり、卵管に癒着などが起きていると精子は膨大部に進むことができず、卵子と出会うことができません。もし、精子が卵管を進むことができても、受精卵が卵管を通過することができなければ受精卵が子宮内膜に着床できません。

子宮

臓器の特徴

子宮は逆三角形の広い空間がある子宮体部と狭く大きなヒダのある子宮頸部に分かれていて、上部からは左右に卵管が伸びています。
胎児を育てて守るための臓器ですから、子宮内膜の壁は他の部分に比べて分厚くしっかりとしています。そのため、子宮の壁や内側に主要ができる子宮筋腫や炎症などが起きると不妊症の原因となります。
また、この子宮以外の場所で胎児が成長することになると子宮外妊娠となるように、子宮の何か問題や異常が起きると不妊の原因になってしまう可能性が高いといえます。

働き

子宮内膜は受精卵が着床するベッドであり、赤ちゃんのための特別な部屋です。
子宮内膜に着床した受精卵は、子宮内膜の中に入り込んで母親の体から栄養をもらえる構造に変化し、羊膜や血管などがつくられはじめます。
こうして受精卵は子宮のなかで胎児に成長し、出産の時まで10ヶ月近い機関赤ちゃんを守っているのです。
そのため、より良い育成環境として機能するために、毎月子宮内膜は新しいものに作り変えられています。この時古くなった内膜を体外へ排出するのが月経です。

仕組み・受精の確率や不妊治療での成功率

妊娠とは

妊娠するまでの精子と卵子の動きや受精するための仕組み、妊娠判定ができるようになる時期や不妊治療と妊娠率等妊娠するということについて特集します。


月経周期や生理の仕組み

月経について

月経が起こるメカニズムを子宮・卵巣で起こる周期的な変の仕組みに合わせてわかりやすく特集します。
 


精嚢腺・前立腺・陰茎・睾丸の働きと特徴

男性の体の仕組み

子供を作る為には絶対に必要な精子を作り送り出すための男性の身体の作りについて、器官の特徴や役割り等について特集します。
 


男女どちらの不妊症が多い?

不妊の原因

不妊の原因となる割合は男女に差があるの? 子供ができない要因となる過去の疾患や男女の粘液不適合等について特集します。


カウンセリング・病院選び・一般不妊治療と高度生殖治療

不妊治療の進め方

診断を受ける前から重要になってくるカウンセリングや勉強会の大切さ、治療の開始ともいえる検査や治療方法の種類や進め方等


排卵周期や卵子放出のメカニズム

排卵について

妊娠がおこるために毎月繰り返されている排卵の周期、卵巣周期の流れとしくみ、ホルモン物質とそれぞれの周期の関係等について特集します。


不妊の判断と治療のルール

不妊症の定義

子どもが欲しくてもできない不妊症とは、どんな状態のことなのか、あまり知られていない定義や海外と日本の違い、でき難いとわかった後の選択肢等について


今すぐできる不妊症の自己診断!

セルフチェック

子供を望んでいる夫婦が不妊について考えた時に参考となる妊娠に関連する症状や生活習慣の問題点などについてセルフチェック形式で説明。




copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.