排卵の異常

排卵障害・症候群・機能不全・無排卵

受精能力のある卵子を作るのは、卵巣でその中では当たり前のように作られている、と考えられているかもしれません。
しかし、実際に卵子が育っているのは卵巣ですが、十分成熟して排卵される為には脳や子宮から分泌されるホルモン物質の助けが必要不可欠です。
排卵というのは、実はとても繊細で複雑な仕組みによって行われています。


排卵

下垂体性排卵障害

脳下垂体からは、性腺刺激ホルモンや副腎皮質ホルモン甲状腺ホルモンなどが分泌されて卵胞の育成や卵子の排出を助けています。しかし、下垂体機能不全になっているとこれらの分泌バランスが大きく乱れていて、特に減少する傾向が高いのが性腺刺激ホルモンです。
下垂体性排卵不全によって妊娠が困難になるケースとしては、シモンズ症候群・下垂体腺腫・末端肥大症・シーハン症候群等を発症している場合に多くみられます。


視床下部性排卵障害

排卵をコントロールしている脳内の視床下部に異常が起こり、卵子の放出が正常に行われないというケースは、不妊に悩む人の中でも数多くみられる原因の一つです。
排卵や卵胞の育成、子宮粘膜の増殖等に作用するLHやFSHは、視床下部から分泌されるGnRHによってコントロールされています。しかし、ストレス・栄養過多・栄養失調等の要因や視床下部自体に異常がある場合、このGnRHが正しく分泌されず、LHやFSHにも影響を与えて排卵障害を起こします。


多嚢胞性卵巣症候群

卵巣の表面を覆っている膜が異常に厚みを増して硬くなってしまい、卵子の放出が正常に行われなくなります。放出されずにたまってしまった卵胞は卵巣皮膜にどんどん溜まってしまいます。
多嚢胞性卵巣症候群を患っている人は、卵胞刺激ホルモンFSHと排卵を促す黄体ホルモンLHのバランスが崩れているため、卵胞自体も成熟するまでに発達できません。また、排卵の為のLHサージも起こらず、不妊の原因となります。また、卵巣からのホルモン物質を受けて繰り返されている月経周期も乱れがちになります。


黄体化無破裂卵胞症候群

成熟した卵胞から卵子が排卵されないまま、卵胞が黄体化してしまう疾患が”黄体無破裂卵胞症候群”という疾患です。この疾患は、腹腔内に卵子が排出されないため、妊娠の為の受精はできません。
しかし、卵巣内では卵胞が成熟していますので、基礎体温でも排卵を示す変化が見られます。また、自覚症状もほとんどない為、超音波検査を受けるまで見つからないことが多いようです。傾向としては、子宮内膜症や卵管癒着などが起きている人にみられるケースが多いのですが、根本的な原因がはっきりしていない疾患なのです。


黄体機能不全

卵巣内で卵胞が完全に成熟していないまま排卵が起こります。そのため、残った卵胞細胞も未熟で、卵巣内で妊娠を維持する為に必要な黄体に変化しにくい状態になっているのが黄体機能不全です。
卵胞を育てる為のFSHや、排卵を促しLHサージを起こすためのLHといったホルモン物質の分泌量が不足していることが特徴です。そのため、子宮内膜も着床できる状態にならないため、受精卵が着床できなかったり、着床しても発育せずに妊娠が困難な状態になってしまうのです。


無排卵

卵巣内で卵胞は育っていても卵子が排出されない、卵子の成熟が十分に行われない、といった状態で、定期的に正常な卵子が排卵されない状態は無排卵と呼ばれます。排卵予定日でも実際排卵が起こっていなければ、妊娠が大変困難です。これは、脳や卵巣、子宮等それぞれがから分泌されているホルモン物質の量や種類が関係していて、まれに、自然にホルモンバランスが正常化していることもあります。原因としてはバセドー氏病などの甲状腺の機能障害、副腎皮質の異常、糖尿病、治療によって改善できるものの他、加齢による卵巣機能の低下等も考えられます。



copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.