性交後検査

ヒューナーテストやミラークルツロック検査について

不妊の原因は特定できない事がとても多く、男女ともに異常や問題点が見つからないこともあります。
一般的な不妊検査をしても原因が見つからなかった場合には、さらに不妊の原因となっている問題の可能性を探るための特殊検査を行います。その場合、男女それぞれで行うものもありますが、性交渉を行った後にしか調べる事の出来ないものあります。
そのためここでは、男女の適合性に問題点がないかどうかを調べるための性交後検査についてご紹介しましょう。


性交後検査の目的

“性交後検査”とは、女性の子宮頸管から分泌される頸管粘液と男性の精液・精子との適合性を調べる為に行われます。
通常女性の頸管粘液は、異物の侵入を防ぎ精子が子宮の奥の卵管へ進む手助けをします。
しかし、この粘液と精子の成分の相性が悪いと、精子は頸管粘液に阻まれて奥へ進めない場合があります。それぞれの生殖機能や精子・卵子に何の問題がなくても、適合性が良くないというケースも珍しくありません。そのため、分泌液の相性が不妊に関係していないか調べ、不妊治療の方法を探すきっかけとするのが目的です。

ヒューナーテスト

実際に性交渉を行ったあとで、女性の体内を調べて膣・子宮口・頸管・子宮腔内それぞれの場所にどの程度精子が存在しているかで、精子の進み具合を調べる為に行われます。

検査方法

基礎体温や超音波検査などで排卵日予定日を予測して、その日の午前中できるだけ早い時間に性交します。
射精したら、精液が出てしまわないように横になったまま30分程度安静を保ちます。
性交後2時間以内に病院や検査機関で女性の膣口・外子宮口・頸管内・内子宮口・子宮腔から粘液を採取します。それぞれの場所にどのくらいの精子が存在しているか、また、見つかった精子の運動具合もチェックします。

判定とポイント

検査の結果、頸管内・内子宮口付近・子宮腔内で活発に動いている精子が見つかれば適合性は良い”陽性”とされます。
しかし、精子が見つからない、または数が少ない、活動していない、等の場合には、陰性と判断されます。しかし、精子と卵子が元となる細胞から作られるのは80〜90日かかります。そのため、陰性と判断された場合でも、すぐに特定はせずに同じ検査を3カ月続けて行って判断材料とします。

ミラークルツロック検査

実際には性交渉を行わず、頸管粘液と精液を男女それぞれから別々に採取して調べる方法です。性交を行わずに相性だけを観察しますが、頸管粘液は分泌量が増える排卵予定日近くに採取するのが望ましいとされます。

検査方法

ヒューなーテストと同様、基礎体温や超音波検査によって女性の排卵日を予測し、その日に女性からは頸管粘液、男性からは精液をそれぞれ別々に、同じ時間帯で採取します。
採取した粘液と精液は、スライドグラス上で接触する部分ができるように隣同士にしてのせます。
異物等が入らないようにカバーガラスで多い、室温で2時間程度おいてから顕微鏡で検査を行います。隣の頸管粘液内に精子がどの程度侵入していて、その程度の数生存しているのか、また、精子の運動程度をチェックします。

判定とポイント

1日1回以上の性交渉を5日以上続けると精子の数や状態が低下してしまいます。
そのため、適合検査を受ける前には少なくとも5日程度は禁欲しておくことが望ましいでしょう。
また、ミラークルツロック検査では、粘液中に精子が一定の数以上入っていなければ陰性と判定されます。数回繰り返した結果、同じように陰性の判定が出た場合には、体外受精”AIH”の対象となります。

不妊サプリメントランキング


copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.