免疫異常検査

抗精子抗体検査/抗卵巣抗体検査/抗リン脂質抗体検査の方法

一般不妊検査で男女ともに異常がなく、不妊になる原因が解らないままの場合、免疫異常が問題となっていかもしれないと考えられます。
免疫とは、自分の体を異物から守るための防護機能です。
しかし、有害でないものや自分自身の細胞に対して免疫抗体を作ったりアレルギー反応を示したりする事があります。悩んでいる人の多い花粉症も免疫異常の一つです。
このような免疫機能の異常は、ほとんど解明されていませんが不妊の原因を作っているものがあるのは確かなようです。


免疫異常検査の目的

体の防御機能が本来害ではないものに対して過剰に反応してしまったり、排出しようと働いてしまう免疫機能の異常は、卵子や精子に対しても起こる事があります。
なぜ、自分自身の作り出す卵子や卵巣を異物と判断してしまうのか、精子や受精卵を異物として排出しようと働いてしまうのか、この原因はまだはっきりとわかっていません。
しかし、こういった免疫異常が不妊の原因となっているかどうか、抗体検査を行うことによって妊娠の可能性が高い治療方法を選択することができます。

抗精子抗体検査

女性の体内および、男性の体内で、精子や精液に対する免疫抗体が作られていないかを調べます。

検査方法

男性の精子・精液に対する抗体を持っていると、抗体は射精された精子の生殖・受精能力を阻害してしまいます。また、男性自身が抗体を持っていると、造成機能が正常に働きません。この免疫物質は女性の頸管粘液や血液中にみられる為、精子凝縮反応検査・精子不動化検査のほか、感作赤血球凝縮反応検査等を行います。
女性の血液から血清を採取し、そこに男性の精子を加えます。この状態で顕微鏡検査を行い、血清の中に入った精子の運動性の変化をみます。

判定と対処方法

血清中で精子が動かなくなったり、極端な低下がみられる場合には女性の体内に抗精子抗体があると考えられます。
そのため、自然妊娠ではなく精液を一度洗浄して人工授精を行うか、体内で抗体と反応しないように体外で受精させる顕微鏡受精等で妊娠が可能になる場合もあります。

抗卵巣抗体検査・抗リン脂質抗体検査

女性の体内にある卵巣が、自身の作り出す卵胞や卵子に対する免疫抗体を作っていないかを調べるのが抗体卵巣検査です。また、着床・妊娠に問題が起こる可能性の高い抗リン脂質抗体があるかどうかを調べる検査がAPTT検査です。

卵巣抗体検査方法

卵子を守っている透明帯膜に対して女性の体が抗体を持ってしまうと無排卵になる事があります。また、受精卵の透明帯にも反応してしまうため、着床しないという不妊の原因にもなります。そのため、女性がこのような抗体を持っていないか蛍光抗体検査によって調べます。
蛍光抗体検査は、抗体と結合しやすい色素を使って血液中に抗体があるかどうかを検査します。

APTT検査方法

血液が凝固しにくくなる作用を持つ抗体”抗リン脂質抗体”があると、受精しても着床が上手くいかなかったり、妊娠状態が長続きできなくなる傾向があります。
そのため、血液を採取して固まるまでの時間が一定以上かかった場合には抗体がある可能性が高いと判断されます。


copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.