基礎体温

婦人体温計を使った測り方と体温のグラフ

「基礎体温は記録していますか?」
不妊検査以外で婦人科を訪れてもほとんどの場合、この質問をされることでしょう。
女性の体では、一か月の間に様々なホルモン物質が分泌され目まぐるしい変化を繰り返しています。この変化は体温に反映されるので、排卵日の特定だけでなく、自分の”基礎体温表”の記録から体内の異常や変化も察することができるんです。
基礎体温から排卵日を予測し、それに排卵予定日に合わせて性交渉のタイミングを合わせる不妊治療を”タイミング法”と言います。


基礎体温とは?

平熱と基礎体温は違う!?

私たちの体温は、食事や運動だけでなく、目覚めた時、眠くなった時、疲れた時、起こっている時、悩んでいる時など状況によってかなり変化しています。ですから、普段何気なく”平熱”と呼んでいるのは”平常時の体温”というよりは、”平均の体温”といった方がいいかも知れません。
“基礎体温”は平熱とは違い、体内の温度変化が起きていない完全な安静時の体温です。生理的なホルモン変化の周期による体内温度の変化を知るためには、体も頭もあまり活動していない状態で計測する必要があるんです。

月経周期と卵巣周期と体温の関係

子宮周期(月経周期)・卵巣周期(排卵周期)・ホルモン物質の分泌量の変化・基礎体温の変化を一カ月サイクルでみるとこのようなグラフになります。自分の”基礎体温表”のグラフと比べてみると、排卵日等が解りやすくなります。

基礎体温の周期グラフ

基礎体温の測り方

計測時間

目が覚めてすぐ、起き上がったり動いたりしていない状態のまま計測します。夜12時ころに就寝する場合には、6〜8時頃を計測時間にするのが理想的です。
毎日できるだけ決まった時間に測るのが望ましいのですが、5〜6時間以上の睡眠をとった後でないと精度がどんどん低くなってしまいます。また、長期間続けることで月経周期や排卵周期等の変化をより詳しく知ることができます。そのため、就寝時間にばらつきがある人や夜更かしをしてしまった日でも無理に計測時間を合わせる必要はありません。

婦人体温計を使うのは…

“基礎体温”は、”婦人体温計”を使って計測します。”婦人体温計”は体内温度を0.01度まで細かく計測できます。
通常、黄体期と卵胞期の体温差は0.3〜0.4度ですが、体調に変化がある場合には体内温度化がさらに微妙変化していることがあります。そのため、低温期・卵胞期・高温期だけでなく、妊娠など様々な要因の体温変化を読み取る事ができる様に精度が高く作られているのです。
最近は計測したデータを数日〜数カ月分記録ずる機能があるものも増えています。使いやすいものを選ぶと長続きしますよ。

正しい計測方法

“婦人体温計”は舌下に挟んで安静な状態で計測するのが基本です。
目覚めた時のまま、横になった状態で舌下にはさみこんで咥え、できるだけ仰向けの状態で3〜5分間静かに計測します。
測り終えたらそのデータを基礎体温表に記入します。備考やメモとして、月経・性交・出血・下腹部痛・風邪・頭痛・薬の服用といった体調の変化などを記入しておきましょう。
月経期間は人によって違うので、始まった日と終わった日が解るように記入しておきましょう。月経時にはできない検査や排卵日に行う検査もあり、受診した時に診察や検査がスムーズに行えます。


copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.