タイミング療法

治療の前の基礎知識と方法、排卵日の予測方法

排卵のタイミングに合わせて行い、自然妊娠の受精・着床の確立を高める不妊治療です。
自然妊娠の確立をあげるために、医学的な観点から排卵日を、予測精度をあげて指導を行うということが基本なので、不妊治療に抵抗感がある人でもあまり気にならない事が多いようです。
一般不妊検査で特に異常が見られず、結婚後間もなかったり不妊治療・検査を始めたばかりのカップルに適用される事が多いのが特徴です。しかし、年齢によっては他の治療を並行して行うこともあります。


タイミング療法を行う前に知っておきたい事

排卵日の特定

排卵日を特定するのは難しい

排卵が起こる排卵日は、一般的に次の月経が始まる14日前とされています。生理の周期が安定していて、予定日からずれることがほとんど無いという人の場合には、排卵日が14日前にぴたっと当てはまる人もいます。しかし、卵巣の状態や卵胞の育成環境によって、卵子が成熟するまでに数日の誤差が出る事もあります。その為、できるだけ正確に排卵日を特定する為には、基礎体温を長期間記録しておき病院で超音波検査や血液検査を受けると良いでしょう。


排卵治療

排卵治療を取り入れる事もある

基礎体温が高温期・低体温期と2分化していても、正常な卵子が排卵されていなかったり、不定期にしか排卵が起こっていない場合もあります。そのため、より効果的に行うために行う”過排卵刺激法”で、排卵誘発剤の投薬や服用が取りいれられる事もあります。使われるのは、クロミフェンやゴナドトロピンという排卵誘発剤で、狙った日に排卵が起こるように調整します。排卵誘発剤が使われるのは、基礎体温によるタイミング療法を一定期間行っても妊娠しない場合や高齢であまり時間をかけていられない場合等も含まれます。


排卵日の予測方法

基礎体温法

基礎体温を記録することで、排卵周期や月経周期のパターンを読み取り排卵日を予測する方法です。
基礎体温は月経周期では低体温を示し、排卵が起こった日をはさんで高温期に移行します。そのため、高温期に入る直前、低温期の中でもさらに体温が下がった日を排卵日と予測します。しかし、基礎体温は朝計測しますが、排卵が起こる時間ははっきりとわかりません。
そのため、基礎体温タイミング療法では排卵予定日前日に性交を行うようします。

頸管粘液法

排卵日直前になると、頸管内は粘液分泌が増えます。頸管粘液の分泌量が増えると膣口付近にも降りてくるため、膣口付近でもおりものや粘液の状態が変化します。
第一期は、月経周期4〜5日目には、粘膜の粘度・分泌量ともに少なく、この状態が3〜4続きます。第二期は、やや頸管粘液の分泌量が増えると膣口付近もしまった状態になります。この状態が3〜4日続いたあと、第三期には透明で卵白状のおりものの量が増え、もっとも粘液が多くなった次の日に排卵が起こると予測するのが頸管粘液法です。

オギノ式・尿検査(LH検査法)

正常な排卵は次の月経開始日の14日前に起こるとされています。しかし、月経周期はヒトによって異なるため、月経周期をできるだけ正確に把握することで排卵日と、受精可能な期間を特定しておくのがオギノ式予測方法です。
また、排卵が起こる36〜48時間前に起こるLHサージを尿中のLH濃度を測定することで読み取り、排卵が起こるタイミングを予測するのがLH法です。LH法は自分でできる尿検査キットが通販や等でも販売されています。

タイミング療法の方法

排卵予定日を予測する

はじめに、女性は基礎体温の記録をできるだけ正確につけるようにします。基礎体温の他、頸管粘液法やエコー検査、血液中のホルモン濃度の検査などを合わせて排卵予定日を予測します。
無排卵や排卵障害などで排卵誘発剤を使っている人は、薬の服用日数で排卵が起こるであろう日を予測します。

男性がタイミングを合わせる

男性は何日も連続して射精すると精子の数が減ってしまい、受精率が低くなってしまいます。3〜5日間射精を行わなければ正常な状態に戻りますので、排卵予定日の3〜5日は禁欲して精子の状態を整えます。
しかし、あまり長期間禁欲していても精子の質が落ちてしまいます。排卵日とは関係なく3〜5日間隔で性交渉を行っている方が妊娠の確立が上がるというデータもあります。

性交時のタイミングとポイント

排卵日の予測はできても、時間まで特定する事は困難です。そのため、排卵予定日の前日と当日の2回は性交渉を行うと良いでしょう。
精子の生存時間は3〜7日が平均ですので、予定日よりやや前倒しでも受精可能なんです。
また、頸管粘液は女性がオルガズムを感じることで分泌量が増えます。頸管粘液が増えると精子はより泳ぎやすくなりますので、ムード作りや前戯でオルガズムを感じやすくするのもポイントです。

不妊サプリメントランキング


copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.