体外受精・顕微鏡受精

高度生殖医療の内容について

受精卵や胚をコントロールする不妊治療は、”高度生殖医療”と呼ばれています。
高度生殖医療は、これまで妊娠の可能性がないと考えられてきた不妊症の人でも妊娠する可能性を見いだせる画期的な治療法です。しかし、保険の適用外治療ですから一回の費用は決して安くありません。
また、命を生み出す行為に医療が踏み込むという面から、高度生殖医療の不妊治療を拒否する人も多くいます。


高度生殖医療という不妊治療

体外受精とは

体外受精と人工授精はどちらも精子と卵子が自力で受精を行うのが特徴です。ただし、”人工受精”は精子の手助けのみの治療方法ですが、”体外受精”の場合は、卵子の手助けも行います。
卵子が卵管膨大部へたどり着くことができない卵管障害でも、人間の手助けによって精子と卵子が出会えるように手助けをすることで妊娠が可能になるというのが”体外受精”です。
大きな特徴としては、新しい”受精卵”という細胞が生まれる瞬間は、精子と卵子自らが行うということです。

顕微鏡受精とは

体外受精と同じく、精子と卵子を体外で受精させる不妊治療ですが、大きく違うのは受精を人間の手で行うという高度な生殖医療だということです。この治療では、体外受精でも妊娠できなかった不妊症の人でも妊娠する可能性があります。
採卵・採精・精液処理、段階までは”体外受精”と同じように行います。
その後、医療器具を使って直接精子を送り込み受精させるのが”顕微鏡受精”の特徴です。つまり、少ない卵子や精子しか採取できなくても、妊娠できる確率は体外受精より高くなります。

体外受精の方法

排卵のコントロールと採卵

初めに女性の卵巣内で、体外受精に必要な受精能力を持った成熟卵胞を育てます。卵巣機能や排卵機能に異常がある場合には、ホルモン剤の投与や排卵誘発剤を使った治療が行われます。排卵誘発剤を使うことで、自然状態よりも多くの原始卵胞を成熟状態まで育てる事ができます。正常な生殖能力のある成熟卵胞は、膣口から挿入した専用の器具を使い膣の壁越しに卵巣から卵胞液とともに吸引採取します。採取した卵子から優良な卵子を選別して培養しておきます。

採精

採精行う前の3〜5日は禁欲して精子の濃度を正常に戻しておきます。当日は受精させる1〜2時間前までに採精し、遠心分離器での洗浄やスイムアップ法・パーコール法等による優良な精子を選別し、確率が高くなるように濃縮し培養します。

受精

卵子の入った培養液に、濃縮・選別した精子を加えます。このケースの中で精子が卵子と受精する過程では、特に何も行いません。
精子を加えてから約12〜24時間で受精がおこなわれる為、体外受精の翌日には結果がわかります。受精する事が出来た場合には、そのまま細胞分裂が進むまで培養されます。

胚移植

3〜4間培養液の中で育てられた受精卵(胚)は、状態を確認してから子宮内へ戻されます。この時、複数受精卵ができていた場合には形態検査などが行われて質の良い胚だけが選ばれます。
エコーで子宮内を確認し中ら、専用のカテーテルで子宮内腔へ戻されます。

顕微鏡受精のやり方

顕微鏡下の受精方法

採卵・採精は体外受精と同じように行われます。
採取された卵子・精子の中から質の良いものを選別し、受精しやすいように卵子の周りを覆っている保護膜をはがします。膜をはがした卵子は、専用のピペットで固定し、精子を入れた先端がとがった別のピペットで精子を卵子の中に注入します。精子が注入された時点で受精となります。

胚移植

顕微鏡の受精卵も体外受精のときと同じように培養されます。その中から妊娠率が高いと思われる質の良いものを選別します。今回使われないと判断された卵でも状態が良いものは凍結保存しておく場合もあります。
選別された受精卵は子宮内に戻されますが、受精卵の中から育った胚が出やすいように移植の際、透明帯の一部分を切り孵化しやすいようにする場合もあります。


copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.