不妊治療の流れ(移植〜妊娠判定)

不妊治療で妊娠がわかるまで後編

一般不妊治療を一定期間行っても妊娠しなかったり、人工授精までの一般不妊治療では改善できない不妊の原因があった場合には、医師との間で高度生殖医療へステップアップが検討されます。高度生殖医療は一回当たりの費用も高額になりますし、肉体的・精神的な負担も増えていく事が多いかもしれません。
しかし、高度生殖医療の発展は、昔は子供を持つことが不可能とされていた人達でも妊娠の可能性を考える事のできる希望の光でもあります。採卵から先の不妊治療はどのような流れでどのように行われるのでしょうか?


採卵・卵子の処理

採精は人工授精の治療でも行われますが、採卵は体外受精以降の高度生殖医療でしか行われません。卵管障害や精路障害を改善できない場合や抗体ができていて卵管での受精が難しい場合には、採卵・採精を行って受精の場は体外へとうつされます。

採卵

成熟卵胞を自然状態より多めに発育させてから、成熟したものをエコーで確認し卵巣から取り出します。
採精方法は、部分麻酔もしくは全身麻酔をかけた状態で膣口から採卵用の器具を入れ卵巣の壁を突きさして卵巣内の卵胞を吸い取るように取り出します。採卵は超音波で体内の様子を見ながら慎重に行われます。体に負担がかかるため術後は安静にしている必要がありますが、その日に帰宅する事ができます。

洗浄・培養

採取した卵胞すべてが受精に使えるレベルのものであるかどうかは取り出した後、検査が行われます。
卵子の検査では、受精・着床率の良いであろうものを形成状態か判断します。結果、受精・着床率が高いと考えられる質の良い卵子のみを選別し、精子が受精しやすいように保護膜をはがす処理を行った後培養液にいれて培養します。
人工授精・体外受精では、培養された状態の良い精子卵子を受精させますが、体内に戻される受精卵は1つだけです。

受精

体外受精

採卵された卵子と洗浄・選別・濃縮処理を行った精子を、同じ培養液の中に入れて受精させます。複数の成熟卵胞と通常より濃縮された精子が同じ容器内にあるため、自然状態よりかなり高い確率になります。受精に成功した受精卵の中から、形状や状態から妊娠率が高いと考えられる質の良いものだけが選別され3〜4日培養されます。こうして、分裂を数回繰り返した受精卵は、子宮内膜を増殖させ着床しやすい状態にしてあった子宮内腔に移植されます。この作業は1〜2時間で終了します。

顕微鏡受精

体外受精でも妊娠できなかった場合、もしくは体外受精では妊娠が初めから不可能だと判断されている場合には、人間の手で卵子の中に精子を入れて受精させる顕微鏡受精を行う事ができます。確実に受精させることができる為、極端に少ない精子や卵子しか採取できない場合でも、この治療を行う事は可能です。
成熟した質の良い卵子を固定しておき、卵子に精子を注入する事の出来る専用のピペットを使い受精を行います。受精卵は体外受精と同じく培養され、8分化程度まで進んだ受精卵(胚)を子宮内へ移植します。

妊娠判定

黄体ホルモン治療

子宮内膜が受精卵の着床しやすい状態を保っておくためには、黄体ホルモンの分泌がカギとなります。そのため、体外受精や顕微鏡受精を行う場合には、前もって黄体ホルモンを補い子宮内膜を増殖させる治療が行われています。自然妊娠の場合には、受精後にどんどん子宮内膜は増殖を続けていますから、受精卵の移植を行った後もそれまで同様、継続して数回黄体ホルモンの分泌を促す注射や投薬治療が行われる事もあります。

妊娠判定

胚が着床し子宮粘膜内で成長を始めると、尿や血液中にホルモン物質が分泌されて妊娠反応がでます。そのため、体外受精・顕微鏡受精を行ってから約1〜2週間程度で一度妊娠検査をします。1度目の検査では陽性反応が見られなかった場合でも、その後1〜2回黄体ホルモンの補充がと妊娠判定が行われます。
2回目、3回目で陽性反応が出る場合もありますが、体外受精や顕微鏡受精を行った場合の妊娠率は平均的にみて20〜30%程度です。妊娠しなかったとしても珍しいことではないということを知っておきましょう。


copyright(c) 不妊治療研究会 All rights reserved.